ローンを利用する前に、金利や返済方法以外に、そのものについて冷静に考えましょう。

おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう
おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう

ローンを冷静に考える

ローンはいうまでもなく借金です。
住宅ローンや自動車ローンなど、利用しやすいローンは非常に多いです。
特にこれらのローンは高額な融資額となるため、慎重に利用する必要があります。
ですが、融資額が大きいため少しの金額の差が気にならないといえます。
日常の支出であれは一円単位まで気になるのですが、大きな金額になるとそのような単位まで気が回らなくなります。
その結果、完済が難しい金額の融資を受けてしまうことがあります。
ローンで購入したものは完済できてはじめて自身のものになるといえます。
もちろん不動産などは、売買契約と同時に所有権の登記を行うので、権利の面からいえばそうではないといえます。
ですが、所有権よりも法的上位にある権利も設定されることを認識しておく必要があります。
この権利を抹消しない限り、所有権を持っていても法的には上位となりません。
この権利を抹消するために必要なのが、ローンの完済です。
住宅の場合は、ローンの完済ができないと購入した住宅そのものは、現実的に自身のものではないといえます。
いつ競売にかけられるかわからないからです。
購入者のもっている所有権はあくまでも、使用することができる権利であることを認識しておきましょう。
また住宅ローンでも危機感を持つべきです。
キャッシングなどのローンでは、住宅ローンとは違い連帯保証人をたてる必要があります。
連帯保証人とは、ただの保証人とは異なります。
連帯保証人はローンの利用者が返済できない状態にならなくても、返済しなくてはならないという立場の人です。
簡単にいえば、ローンの利用者が雲隠れをした場合、自動的に連帯保証人が返済する義務を負うことになります。
ローンの返済が本当に不可能なのかは関係なく、連帯保証人はローン利用者と同じ債務を背負うことになっています。
これが通常の保証人とまったく異なる点です。
このような厳しい条件を設けるローンというものは、相応のリスクが伴うということを認識しておきましょう。
完済までいかなくても、金利というもの自体、大きな負担です。
金利は現在、グレーゾーンが撤廃され明確な上限が設けられました。
ですがその金利が決して低くなったというわけではありません。
あくまでもグレーゾーンの撤廃に過ぎず、金利が優遇されたわけではありません。
また不況が長期化している昨今、多重債務に苦しむ方も減少傾向にあるわけではありません。
そのための法改正である総量規制も、現実的に施行前にすでに多重債務者となっている方にとってはさらに追い打ちとなっています。
ローンで返済を回していた方にとって、この総量規制は返済を困難にさせることになってしまっています。
このようにローンという便利なものは、一転すればとんでもないことになります。
法改正があっても、現実的には抱えた債務を消失させることなどありません。

Copyright (C)2014おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう.All rights reserved.